12月29日はシャンソンの日


12月29日はシャンソンの日だよ。

銀座のシャンソン喫茶のしにせ「銀巴里(ぎんぱり)」が1990年12月29日に閉店したことに由来するんだ。

「シャンソン」っていうのは、「歌」を意味するフランス語でね。日本では、1960年代までに流行したフランスの歌謡曲や、それらを日本語でカバーしたものを指して使われるのが一般的だよ。代表的な曲『愛の賛歌』『バラ色の人生』『枯葉』なんかは、昭和の歌謡曲としても有名だよね。

さて、銀巴里は日本初のシャンソン喫茶で、オープンは1951年だったよ。ここから生まれたシャンソン歌手には美輪明宏さん、戸川昌子さん、クミコさんらがいるなあ。また、常連さんには、三島由紀夫さん、なかにし礼さん、吉行淳之介さん、寺山修司さん、中原淳一さんがいて、演出に協力していたというから、なんとも豪華な話だよね。銀座7丁目の銀巴里の跡地には石碑が建っているという話だよ。

シャンソンといえば、僕はエディット・ピアフの歌を聞いてとっても感動して、自分もシャンソン歌手になろうと思ったことがあったなあ。でも近所のシャンソン喫茶でオーディションを受けたら、オーナーさんがとっても気まずそうな顔で「お掃除とお運びのバイトならあるけど」って言ったよ。

今日は何の日のイラスト(12月29日:シャンソンの日)

うーん、まだまだ人生経験が浅いから、歌に深みが足りないということなのかい?

がっかりしている。

カテゴリー: 12月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree