12月22日は改正民法公布記念日


12月22日は改正民法公布記念日だよ。

これは、1947年12月22日に、民法の家族と相続についての部分を全面改正する改正法が公布されたことを記念する日なんだ。この改正法が公布されたことによって、家制度が廃止されて、戸籍の単位が夫婦となったなあ。家制度が、新しい憲法における個人の尊重や男女平等の思想とあいいれないものだったというのが改正の理由だよ。

家制度っていうのは、江戸時代のお武家さんの家族制度をもとに旧民法に定められていたシステムのことなんだ。このシステムのもとでは、個人は「家」に所属していたよ。家をひきいる人は戸主(こしゅ)といってね。ほとんどの場合は、代々その家の長男がなっていたなあ。

戸主は、家族を養う義務を負うかわりに、家の財産や家族についての大きな権限を持っていたなあ。たとえば、家族のメンバーが結婚するときには戸主の同意が必要だったし、言うことをきかない家族を追い出すことができたりもしたよ。

でも、おかしいなあ。もうそんな家制度はなくなったというのに、お父さんが娘さんの結婚を認めないとか、長男だから家を継がなきゃいけないとか、そういう話を日常的に聞くのはどうしてかい?

今日は何の日のイラスト(12月22日:改正民法公布記念日)

うっかりしている。

カテゴリー: 12月   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree