12月20日はシーラカンスの日


12月20日はシーラカンスの日だよ。

1952年12月20日、コモロ諸島(アフリカのマダガスカル島付近にある島々だよ)で、シーラカンスが捕獲され、調査が行われたことに由来するんだ。

シーラカンスっていうのは、6500万年前に絶滅したものと考えられていた魚でね。1938年にもいちど発見されて、世紀の大発見として大騒ぎになったんだけど、そのときは標本の保存状態が悪くて、ちゃんと調べることができなかったんだよね。

調べた結果、化石の状態で発見された昔のシーラカンスとほとんど形が変わらないことがわかってね。そのことから、シーラカンスは「生きた化石」と言われるようになったよ。その後、コモロ諸島では200頭あまりのシーラカンスが発見されているなあ。また、1997年にはインドネシアでも発見されているけど、その生態は謎に包まれているんだ。

そうかあ、シーラカンスってそんなに貴重なものだったのかあ。実は、僕はシーラカンスのムニエルを食べたことがあるんだ。わわわ、もしかしてこれはブログ炎上の危機かい(・w・;;

今日は何の日のイラスト(12月20日:シーラカンスの日)

と心配になったので、専務に相談したら「ピクちゃん、それシイラや」と笑われてしまったなあ。シイラとシーラカンスは別物なんだね。

うっかりしている。

カテゴリー: 12月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree