12月19日は日本人初飛行の日


12月19日は日本人初飛行の日だよ。

1910年12月19日、東京の代々木錬兵場でおこなわれた軍公式の飛行試験で、日本人がはじめて飛行機による飛行に成功したことを記念する日なんだ。この初飛行の記録は、飛行時間4分、最高高度70m、飛行距離3000mで、パイロットは当時陸軍大尉だった徳川好敏さんだったよ。同じ日には、同じく大尉だった日野熊蔵さんも、飛行に成功しているんだ。

ただ、この日の5日前の12月14日の飛行試験で、日野大尉が60mの試験飛行に成功したという新聞報道があったらしいなあ。でも、これを報じたのは、取材に来ていた新聞各社10社のうち1社だけだったし、軍の発表は「滑走の余勢で誤って離陸」というものだったよ。

飛行機に乗っていた日野大尉本人も、試験のもようを監督していた博士も、14日の「飛行」は、航空力学的には飛行とはいえないとしているんだけど、19日に飛行に成功した徳川好敏さんがあの徳川家の出身であることを考えると、どうかなあ。1人の記者を除いてみんな空気を読んだということではないのかなあ|w・)

ただ、選んだ飛行機の形というのも問題だったかもね。徳川さんが選んだのが、フランス製の複葉機で、派手でいかにもヒコーキ然としていたのに対し、日野さんが選んだのは、ドイツ製のグラーデ単葉機で、自転車に翼がついたみたいな感じだったんだ。

今日は何の日のイラスト(12月19日:日本人初飛行の日)

世間の求めるイメージを実現してあげるというのも、メジャーになることの条件のひとつかもだね。

ちゃっかりしている。

カテゴリー: 12月   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree