12月16日は紙の記念日


12月16日は紙の記念日だよ。

1875年(明治8年)12月16日に、東京は王子の「抄紙(しょうし)会社」(のちの王子製紙だよ)の工場で、営業運転が始まったことを記念する日なんだ。

抄紙会社は、日本伝統の和紙じゃなくて、欧米から伝わった「洋紙」を作る会社のはしりだったよ。設立のきっかけは実業家として有名な渋沢栄一さんでね。渋沢さんは、日本の文明水準を上げるためには出版業を活発にしなければならないと考えていたんだ。そして、そのためには西洋式の印刷が欠かせないから、西洋式の印刷機に使える洋紙をたくさん作る必要があると説いたなあ。

ところで、東京に製紙工場ってなんだか意外な気がするけど、その頃は、洋紙の原料はぼろ布だったので、都会に近いほうがよかったらしい。今のように木のパルプが紙の原料として使われ始めたのは1899年からなんだって。

ふーん、布から紙ができるとは知らなかったなあ。これはさっそく試してみなければだね。幸い、うちには社長や専務のくたくたになったTシャツや毛玉だらけのセーターがたくさんあることだしね。これはエコや(・w・)/

ということで片っ端からハサミでTシャツやセーターを細切れにしていたら、二人がやってきて呆然と僕を見ているよ。なんでも、僕が切ってしまったのは、くたびれた味わいが気に入っていたものばかりらしいんだ。

今日は何の日のイラスト(12月16日:紙の記念日)

家を追い出されなければ、また明日ね。

うっかりしている。

カテゴリー: 12月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree