12月13日はビタミンの日


12月13日はビタミンの日だよ。

1913年12月13日、科学者の鈴木梅太郎さんが、米ぬかから取り出した脚気(かっけ)に効く成分を「オリザニン」と命名したと、学会で発表したことを記念する日なんだ。なんでビタミンの日かっていうと、オリザニンは、のちに発見されたビタミンB1と同じ物質だからだよ。

一般的に「ビタミン」とは、きわめて少ない量で動物の栄養に影響を及ぼし、しかも体内では作れない物質のことだとされているなあ。現代では人間にはビタミンが必要だってことは広く知られているけど、梅太郎さん以前には、こうした物質の概念はなかったんだって。

だから、オリザニンは世界的な発見だったんだけど、論文がドイツ語に翻訳されたとき、「これは新しい栄養素である」という一行が訳されなかったので、梅太郎さんが海外で注目を浴びることはなかったらしい。これはうっかりだね(・w・)

ところで、ビタミンB1がたくさん含まれている豚肉や豆類が大好きな僕は、かっけになる心配はないんだけど、果物をあまり食べないので、ビタミンCが不足しがちなんだよね。ということで、最近はみかんを箱買いしてたくさん食べるようにしているなあ。そしたら、だんだん体が黄色くなってきたような気がするんだけど、気のせいだよね?

今日は何の日のイラスト(12月13日:ビタミンの日)

うっかりしている。

カテゴリー: 12月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree