12月5日はバミューダトライアングルの日


12月5日はバミューダトライアングルの日だよ。

バミューダトライアングルとは、フロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域のことでね。昔からここを通る船や飛行機がこつぜんと消えてしまうという伝説があることで有名なんだ。

12月5日という日付は、1945年12月5日に、この海域で訓練中だったアメリカ海軍の飛行機が、消息を絶ったことに由来するよ。この事件は、5機もの飛行機が突然消えるなんて、典型的なバミューダ・トライアングルの超常現象だよね!ってことで世間をたいそう騒がせたんだ。

こういった類の現象の原因としては、宇宙人説、ブラックホール説などさまざまな説が唱えられてきたけど、結局はどれもトンデモということで片付けられているなあ。のちに残骸が見つかったりしている単なる事故や遭難を怪現象に仕立て上げたり、よその海域で起こったことをバミューダで起こったことにしたりという、ねつ造も多いみたいだしね。

ただ、ある三角地帯の中に入ると消えてしまうという話には、妙な説得力があるよね。ということで、台所の戸棚にあったするめをひとりで全部食べてしまったのを、バミューダトライアングル現象による消失事件として社長に説明しているよ。

今日は何の日のイラスト(12月5日:バミューダトライアングルの日)

社長は、世の中には科学では説明できないことだってありうるっていう立場だからね。これできっと一件落着や。

しっかりしている。

カテゴリー: 12月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree