12月4日は血清療法の日


12月4日は血清療法の日だよ。

1890年12月4日、ドイツで医学者の北里柴三郎さんとエミール・ベーリングさんが、論文「動物におけるジフテリアと破傷風の血清療法について」を連名で発表したことに由来する記念日なんだ。ふたりが血清療法を開発したことで、死にいたる確率が高い病気だったジフテリアと破傷風を、治したり予防したりすることができるようになったなあ。

血清療法っていうのは、抗体を含む血清(血清は、簡単に言うと血の上澄み液みたいなものだよ)を患者さんに注射し、体内に入った毒素を中和して無害にする治療法なんだ。その後、いろんな病原菌や蛇の毒なんかに応用されているよ。

そうそう、蛇毒に対する血清の研究で評価されている人には、あの野口英世さんがいるよ。野口さんは、北里さんが日本に戻って設立した伝染病研究所の所員だったことがあるんだって。で、北里さんのその研究所の設立を援助したのが福沢諭吉さんていう話なんだ。

北里さんも野口さんもすごいけど、その頃のできごとの至るところに顔を出している福澤諭吉さんて、すごいよね。きっと、日本を近代国家にみちびく道筋が見えていた人なんだろうなあ。

なんてことを思いながら、河原をお散歩をしていたら、頭が三角の大きな蛇さんと遭遇してしまったよ。

今日は何の日のイラスト(12月4日:血清療法の日)

僕に効く蛇の血清なんてあるのかなあ。ぶじこのピンチを切り抜けることができたらまた明日ね。

うっかりしている。

カテゴリー: 12月   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree