12月3日はカレンダーの日


12月3日はカレンダーの日だよ。

太陽暦採用に伴って、旧暦の1872年(明治5年)12月3日が、明治6年1873年)1月1日とされたことから、全国団扇扇子カレンダー協議会が1987年に定めた記念日なんだ。

まず、全国団扇扇子カレンダー協議会っていう団体名がとっても気になったので、調べたところ、その名のとおりうちわ・扇子・カレンダーの 製造販売を行う業者さんたちの団体だったなあ。なんでこの3つがセットになっているかというと、昔はこの3つが企業やお店の販促アイテムの定番だったからなんだって。なるほどなあ。

さて、肝心の暦の変更なんだけど、これがとんでもないドタバタ劇でね。なんと、明治政府が「来る12月3日を新暦の明治6年1月1日とする」と発表したのが、1872年の11月7日。つまり発表から切り替えまでの期間は1ヶ月もなかったんだ。

一番ダメージが大きかったのは、暦を販売していた業者さんだったろうね。10月に発売済みだった翌年の暦がすべて返品され、新しい暦を刷りなおすことになっちゃったんだから、気の毒としか言いようがないなあ。

一方で、改暦で大いにもうかってしまったんじゃないかと思われるのが福澤諭吉さんだよ。以前から太陽暦改暦を唱えていた諭吉さんは、政府の発表を受けてすぐ改暦の正しさを論じる『改暦弁』を出すことができたんだけど、これが10万部も売れたらしい。

今日は何の日のイラスト(12月3日:カレンダーの日)

諭吉さんの動向を見て、新暦のカレンダーを準備していた人がいたとしたら、その人もたいそうもうかったことだろうね。いつの時代も、商売は情報の目利きとスピードや(・w・)/

ちゃかりしている。

カテゴリー: 12月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree