11月15日は七五三


11月15日は七五三(しちごさん)だよ。

日本人にとってはおなじみの、7歳、5歳、3歳のこどもの成長を祝う行事だよね。11月15日とされているのは、天和元年(1681年)の11月15日、第5代将軍で犬公方として知られる徳川綱吉の長男・徳松くんの健康を祈ったことが由来という説があるよ。

徳松くんは1679年生まれだから、1681年には数えで3歳だね。医療が発達していない昔は、子供、とくに男の子が3歳まで生きることは当たり前ではなかったそうだから、お祝いはさぞかし盛大に行われたことだろうなあ。でも、よくよく調べてみたら、徳松くんはその2年後、1683年になくなっているらしい。わわわ。

それを考えると、七五三の日にちの由来を徳松君のお祝いに求めるのは、いかがなものかなあ。7歳、5歳、3歳の数字を全部足すと15だから15日だという説もあるから、僕はこちらを採用することにしたいと思うよ。

ところで僕がどこで生まれていくつになるかは、僕自身にもよく分からないんだけど、今年は僕が素材屋小秋にやってきて3周年ということで、七五三のお祝いをしてもらったよ。近所の神社におまいりにいって、千歳飴を買ってもらったんだ。

でも、帰り道ではしゃぎすぎてぶんぶん振り回していたせいか、家に着いて袋を開けてみたら、千歳飴が粉々になっていたなあ。

今日は何の日のイラスト(11月15日:七五三)

最終的には割って食べるものだとはいえ、このダメージは大きいね。これから七五三に行くお友達もいると思うけど、千歳飴の扱いにはくれぐれも気をつけてね。

がっかりしている。

カテゴリー: 11月   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree