11月12日は洋服記念日


11月12日は洋服記念日だよ。

1872(明治5)年11月12日、明治政府が「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が出され、束帯(そくたい)や裃(かみしも)といった、昔ながらのお公家さん・お武家さん風の礼装が廃止されたんだ。当時、軍人さんやおまわりさんはすでに洋装を採用していたんだけど、この布告によって文官のお役人にも洋風の礼服を着ることが義務づけられたよ。

洋服を作っていた業者さんは、おそらくこの布告によって、うれしい悲鳴をあげることになったんだろうなあ。のちに、日本服装史研究家の久保蘇堂さんという人はこの布告のことを「その後の洋服業者の運命を左右した重要な要因」として、洋服業者は11月12日という日をおぼえておくべきだという内容の発言をしたんだ。

この発言がきっかけになって、昭和4年、東京都洋服商工協同組合は11月12日を洋服記念日と定めたなあ。以来、組合は、毎年11月12日に明治神宮へ参拝し、明治神宮参集殿において記念式典をおこなっているよ。

もし、このお上からのお達しがなければ、日本の礼服はどうなっていたんだろうね。昔からの伝統も大事だけど、着やすさや動きやすさは洋服の方が便利だっていうことで、なにか和洋折衷のハイブリッドな礼服が生まれていたかもしれないなあ。例えばこんな感じだよ。

今日は何の日のイラスト(11月12日:洋服記念日)

わくわくしている。

カテゴリー: 11月   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Spam Protection by WP-SpamFree